お役立ち 百貨店

86年ぶりの大丸心斎橋店の本館を建て替え『名和晃平氏による新作「鳳 / 凰」』を発表!

投稿日:

大丸心斎橋店 本館グランドオープン第3弾〜ビジョンとフィロソフィーを体現するこだわりの空間設計〜

86年ぶりの本館建て替え、長年愛されたヴォーリズ建築の復原と創造彫刻家 名和晃平氏による新作「鳳 / 凰」を発表

 

大丸松坂屋百貨店は、2019年9月20日(金)13:00に「大丸心斎橋店 本館」をグランドオープンします。
新たな大丸心斎橋店 本館は、「Delight the World〜世界が憧れる、心斎橋へ。」というストアコンセプトのもと、フロア構成、品揃え、デザイン、環境などすべてにおいて、今までにない「未来に向けた新しい百貨店」を目指して開発されました。

大丸心斎橋店では86年ぶりとなる本館建て替えに際して、百貨店としての新しい価値とは何かを追求し、社内外での議論を重ねた上で、新たな提供価値として5つのフィロソフィーを制定しました。

 

 

このフィロソフィーを具現化すべく、フロア構成では、従来の百貨店で一般的であった、性別・年代・カテゴリごとの編成を脱し、全12フロそれぞれに“どのようなお客様”に“どのような体験”を提供するのかを定めて、フロアコンセプトを設定。画一的ではない「ブランドの世界観を表現」する店舗構成を実現。

今回新たに発表する館内の空間設計においても、これまでの百貨店にはない様々な工夫をハード・ソフト両面で設けました。空間全体を通じて、フィロソフィーのうち特に「顧客がメディアとなるような、ドラマチックな世界観を演出する」を体現するべく、最新技術や世界的なクリエイターとのコラボレーションを取り入れています。

 

 

2019年9月2日(月)に竣工を迎えた「大丸心斎橋店 本館」では、 日本の近代建築に大きな功績を残した、アメリカ出身のウィリアム・メレル・ヴォーリズによる「旧本館」の外壁と内装を保存し、最新の技術で美しく復原しています。
この歴史的な価値を持つ空間を舞台に、彫刻家 名和晃平氏による新作「鳳 / 凰」を展示するほか、ライゾマティクスデザインが手掛ける本館を表現するシンボル「D-WALL」を設置し、ここでしか味わえない新たな体験を提供します。

また、J.フロント リテイリンググループが推進するESGの取り組みを象徴するフラッグシップ店舗として、「再生可能エネルギー利用率100%」の店舗となる他、屋上・テラスの緑化、チャリティプロジェクトなど様々な取り組みを展開。テナント・お客様を巻き込みながら、低炭素・循環型社会へ貢献してまいります。

【第1弾:館の概要・考え方】:「大丸心斎橋店 本館」2019 年9月20日グランドオープン
https://www.j-front-retailing.com/_data/news/20190611shinsaibashigrandopen.pdf

【第2弾:ブランドMDの全容と見所】「世界が憧れる心斎橋」を目指して新しい本館に全368ブランドが集結!
https://www.j-front-retailing.com/_data/news/20190822shinsaibashi2.pdf

 

大丸心斎橋店 本館概 フロア構成

 

美しく復原と創造を遂げた圧巻のヴォーリズ建築

旧本館で保存対象となったヴォーリズの意匠は、外壁約4,000平米、内装全1,254パーツ。
「可能な限り保存・再現をする」という設計方針に基づき、御堂筋側の外壁は保存され、内装パーツの67%が再利用に至りました。
採取困難な部材に関しては、原型の型取りの上、現在の技術により再現。
ヴォーリズの意匠を継承する空間を構築し、心斎橋の地で新たな歴史を刻んでまいります。

 

彫刻家 名和晃平氏の作品がヴォーリズ建築に華を添える

グランドオープンにあたり、本館1階御堂筋側 特設ステージには、彫刻家 名和晃平氏による新作「鳳 / 凰」を展示します。
名和晃平氏は、京都を拠点とし、展覧会や他ジャンルのクリエイターとのコラボレーションを国内外で展開する、世界から注目を集める彫刻家です。
大丸心斎橋店では、訪れた方々に、ここでしか味わえないアートとの新たな出会いを創造したいという想いから、今回アート作品の制作を依頼。
大丸心斎橋店が継承するストーリーからインスピレーションを得て、大丸心斎橋店でしか体現できないアート作品に仕上げました。
伝統とアートを融合させた、大丸心斎橋店を象徴する作品の世界観をぜひお楽しみください。

 

歴史あるヴォーリズ建築と融合するインスタレーション

「ライゾマティクスデザイン」とコラボレーション

館の1F~10Fのエスカレーターサイドには、本館を表現するシンボルとして「D-WALL」(高さ約50m、幅約4mの大型LEDモニター装置)を設置。
デジタル・テクノロジーを活かして様々なフィールドで空間演出を行う「ライゾマティクスデザイン」を起用し、歴史あるヴォーリズの建築物を継承しながら、現代の表現技法によって、新たな価値を創造します。
ヴォーリズがかつて、天井や柱などに施した幾何学模様やステンドグラスの造形美を、彫刻と映像の融合によって再構築。
これまで移動するためにあったエスカレーター空間を、
お客様をもてなす体験空間へと変容させます。

 

■公式WEBサイトURL
https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/honkan_special/

-お役立ち, 百貨店

Translate »

Copyright© 大阪ミナミじゃーなる , 2019 All Rights Reserved.