お役立ち アミューズメント

本即売会「おもしろ同人誌バザール8」が大阪写真会館で開催します!【11/3】

投稿日:

初の大阪開催!

情報系同人誌・インディーズ本即売会「おもしろ同人誌バザール8」が大阪写真会館でサテライト開催!

2019年11月3日(日)、おもしろ同人誌バザール実行委員会は、大阪写真会館にて情報系同人誌&インディーズ本の展示即売会「おもしろ同人誌バザール8大阪サテライト」が開催します。

 

同イベントについて

同人誌というと、しばしばメディアに取り上げられるアニメ・ゲーム系を想像される方も多いでしょうが、当イベントには「著者がおもしろいと思ったこだわりのネタ」を追求して作った本と著者が集まります。

8回目の今回、東京・神保町の本会場には230超の出展者(個人・サークル・企業・団体等)が集結。

 

東京から多数の同人誌を持ち込みます

さらに今回は新たな取り組みとして、大阪での「サテライト開催」を行います。

大阪会場に直接出展する17の出展者が集まるほか、東京会場で販売される50の出展者の本、およそ80種以上を大阪サテライト会場に持ち込み、委託販売を行います。

普段東京・関東圏のイベントでしか入手できない、珍しい同人誌が多数展示販売されますので、このチャンスに大阪写真会館へお越しください。

 

情報系同人誌、インディーズ本とは

同人誌とは、個人や「同行の士」が集まり、自らお金を出して作った本全般を指します。
最近では「コミケ(コミケット)」の認知度も高まり、アニメ・コミック・ゲーム系を中心とした同人誌の存在はよく知られています。

しかし、同人誌はアニメ・コミック・ゲーム系ばかりではありません。
飲食、旅行、交通(鉄道・バス・飛行機等)、雑貨、文具、スポーツ、各種文化にライフスタイルなどなど、自分たちが「好きなもの・こと」にフォーカスし、徹底的に突き詰めた「同人誌」もたくさんあります。
音楽や映画などのカルチャーにインディーズ市場があるように、同人誌の世界はいわば“出版業界のインディーズ”といえます。
私たちはこれらの本を「インディーズ本」とも呼んでいます。

情報系同人誌、インディーズ本、そしてその著者はテレビ・ラジオ等メディアに取り上げられることも多く、情報感度の高い方を中心に、人気を博しています。

同イベントでは、小説・コミック等の「ストーリー」中心ではなく、作者が伝えたい「情報」を中心にまとめたもの、商業誌でいうところの「ムック」的なものを、「情報系同人誌」と定義しています。

 

おもしろ同人誌バザールとは

2016年6月に第1回を開催して以降、東京にて年2回ペースで実施。
「著者こだわりの自主制作本を、著者自ら販売」するイベントとして、好評をいただいています。
これまで池袋「ニコニコ本社」、有楽町「東京交通会館」、JR大崎駅改札前自由通路「夢さん橋」、古本の街「神田神保町」そして「六本木」など、特徴ある会場・街で実施してまいりました。

 

開催時間・会場

開催日時:2019年11月3日(日)11時~16時(予定)
場所:大阪市中央区南船場2丁目7-14 大阪写真会館2F イベントホール
http://www.osaka-shashinkaikan.com/map.html

アクセス:地下鉄 堺筋線・鶴見緑地線「長堀橋駅」より徒歩4分、地下鉄 御堂筋線「心斎橋駅」より徒歩7分

【公式サイト】
http://hanmoto1.wixsite.com/omojin

【公式Twitter】
@hanmoto_hitori

-お役立ち, アミューズメント

Translate »

Copyright© 大阪ミナミじゃーなる , 2019 All Rights Reserved.