大阪なんば歯科《全国年間15万人以上が来院!》

大阪なんば・プロの歯科医師がクリーニング

アミューズメント

住之江のGRAFFY HALLで毎月新たなダンサーの舞台公演が観られる!レギュラー公演プロジェクト「踊場cue」が始動!

投稿日:

レギュラー公演プロジェクト「踊場cue」

踊場cueメインビジュアル

2023年1月、大阪市住之江区のGRAFFY HALLはダンスのレギュラー公演プロジェクト「踊場cue」をスタートします。

ダンサーへの報酬を劇場が確約する「報酬型公演システム」を導入することでダンサーの負担を減らし、ダンスの舞台公演文化の創出を目指します。

 

踊場cueの特徴

1. 同一会場で、年間を通じたダンスのレギュラー公演を楽しめる!

これまで多くのダンス公演は “ダンサーがダンサーを” 観に行く場所でした。

本プロジェクトでは、大阪市住之江区にある GRAFFY HALL にて毎月2回公演を開催することにより、誰もが気軽にダンス公演を観に行ける場所を目指します。

映画館に映画を、ライブハウスに音楽を楽しみに行くように、ダンスをする人もしない人も、ダンスを観に行く文化を創り出すことが目標です。

 

2. 報酬型公演システムで、ダンサーの公演費用負担を軽減

ダンサーが自主公演をするときの大きな課題は「収支」です。

自主公演を行なっても収支が大きく黒字化せず、メンバー全体での継続的な活動が困難な現状を耳にしてきました。

本プロジェクトでは、踊場cue がダンサーの報酬を確約する「報酬型公演システム」を導入。

更に、観客動員数が目標より多ければ報酬が上乗せされます。

まずは金銭的な心配ごとを減らすことで、公演制作に集中してもらう環境を作ります。

 

3. 踊場cue独自の舞台制作プロジェクトチームを結成。ダンサーを各部門で全サポート

報酬型公演システムを導入するにあたり、欠かせない存在が舞台制作プロジェクトチームの存在です。

同一会場かつ定期的に実施することを条件に、舞台監督・照明・音響・デザイン・動画制作・プロモーションを費用を抑えて特別パッケージ化。

パッケージ内であれば、ダンサーからの費用の支払いはありません。

 

なぜやるのか?

”ダンサーがダンスを魅せて食べていける環境をつくるために”

 

今回のプロジェクトは発起人である、野村昇平がストリートダンサーとして第一線でチームを組み、仲間と「ダンサーがダンスを魅せることで、食べていけるといいよね」と夢を語りあったことから始まります。

自分自身がコンテストやバトルに挑戦していた頃、その入賞結果や内容がダンサーの生活(収入面) にはなかなか直結しないこと、また “ダンサー” の収入がインストラクター部分にほぼ依存していることが、ダンスを生業とする上での課題だと感じていました。

2020 年、大阪住之江区を拠点にダンススタジオとホールレンタルの事業を始め、ダンス業界への注目も高まってきた今、「ダンスを魅せて生活をしていく」というかつて語り合った夢の実現と課題の解決を模索するとともに、関西、日本に新たな「ダンサー以外がダンスを見に行く」という文化を創りたい。

踊場 cue はストリートダンスの新しい可能性にチャレンジするプロジェクトです。

コンテストでもバトルでもナンバーでもない” 舞台公演” でしか見られないダンスの魅力を沢山の人に届けたいと思います。

 

公演予定ダンサー

グルーポ・ペパ(石川敬子フラメンコ舞踊団)

 

ショータ

 

No Border(フラメンコ×藝)

 

HANAI

 

PFU academy

 

四畳半帝国

 

お問い合わせ

株式会社Next Estate GRAFFY『踊場cue』

Mail:info@graffy.jp

公式サイト

-アミューズメント

Translate »

Copyright© 大阪ミナミじゃーなる , 2022 All Rights Reserved.