大阪なんば歯科《全国年間15万人以上が来院!》

大阪なんば・プロの歯科医師がクリーニング

“沙樹”のてくてく大阪散歩 アミューズメント

映画「西成ゴローの四億円」公開記念舞台挨拶@シアタス心斎橋に行ってきました!【1/29~大阪先行上映】

投稿日:

皆さんこんにちは!

THE・B型人間の「さき」です!(^^)!

 

突然ですが、皆さんは映画館で映画は観ますか?

今回は大阪・西成地区を舞台に描かれた映画の公開記念舞台挨拶に行ってきました!

映画の中に描かれているのは「西成の無敵のヒーロー」

一体どんなお話なのか?あらすじも含めてご紹介します!

 

映画「西成ゴローの四億円」大阪先行上映

俳優・監督・脚本、劇団主宰などマルチに活躍し、国内外の映画祭で数々の受賞に輝く鬼才・上西雄大さんが主演・監督を務める映画「西成ゴローの四億円」

前編・後編の2部作が2022年1月29日(土)から大阪で先行上映、2月12日(日)から全国の映画館で公開されます。

今回、大阪の先行上映を記念した舞台挨拶が心斎橋PARCO12階の映画館「シアタス心斎橋」で行われるとの情報を聞きつけ、取材に行ってきました。

 

映画「西成ゴローの四億円」とは、一体どんな物語なのか?

まずはざっくりとあらすじをご紹介します。

 

大阪の西成に住む、日雇い労働者・土師晤郎。
腕っぷしが強くて皆から頼られる反面、殺人罪で服役していた過去から「人殺しのゴロー」という異名を持っていた。
断片的に記憶を失った彼だが、元政府諜報機関の工作員だったこと、妻と娘がいたことなど記憶を少しずつ取り戻していく。
ある時、家族の現状を知ったゴローは、固く決意する。
「心臓移植が必要な難病を患う一人娘のために、どんなことをしてでも四億円を稼いでみせる」ということを――。

上西監督が演じる主人公・ゴローを中心に上 最大の敵となるフィクサーを奥田瑛二、 政府諜報機関時代のゴローの元同僚を津田寛治。

このほか、松原智恵子や笹野高史、木下ほうかなど豪華俳優陣が物語を彩ります。

 

今回は物語の序章となる前編部分の映画を見たのですが、一度人生のどん底まで落ちた人間が娘の命をかけて再び生きる希望を見出しながら進んでいく展開に心が躍りました!

何よりも登場するキャラクターがみんな個性的!

約2時間の映画でしたが、物語の展開に引き込まれてあっという間に感じました♪

 

上演後の舞台挨拶

映画の上映の後、監督やキャスト陣による舞台挨拶が行われました。

 

司会進行を務めたのは、大阪府西成区住みます芸人のガオ~ちゃん。

お得意のガオ~!の一発芸を披露してくれましたよ!

そしてまずは監督・キャストらによる挨拶がありました。

 

主人公・ゴロー役 上西雄大さん

上西監督:「西成に住む無敵のヒーローを作りたいという思いでこの映画を作りました。コロナ禍の撮影でキャストやスタッフの安全対策など大変な面も多々ありましたが、こうして映画が完成して皆様の前で披露できて本当に嬉しいです。映画に出てくるキャラクターそれぞれの人間らしさを楽しんでほしい」

 

闇金姉妹の姉役 徳竹未夏さん

徳竹さん:「私たちは演者兼スタッフもやっていて、津田寛治さんを車で送迎することがあったのですが、その際に上西監督演じる主人公・ゴローとの対話のシーンで”感動で思わず震えた”と言ってもらえたのが心に残っています。その役に心からなりきって相手と対峙できる空気感を作り出した上西監督はすごいと思います」

 

闇金姉妹の妹役 古川藍さん

古川さん:「今回、映画には奥田英二さんをはじめ様々な俳優さんに登場していただいています。豪華キャストで映画を撮影することができたことのすばらしさを改めてかみしめています。後編の死闘編もぜひ楽しみにご覧いただきたいです」

 

ガオ~ちゃん:「上西監督の作品の魅力とは?」

 

徳竹さん:「笑いあり、涙あり、映画が終わったころには心がほっこり温まります。また、今回の映画では非現実的なキャラクターがたくさん登場しているのですが、どこか共感できるというのが魅力だと思います」

 

古川さん:「映画を観終わって、嫌な気持ちになることがない。面白かったねって言い合うことができる作品になっているところだと思います」

 

上西さん:「後編の死闘編は前編の何十倍も面白いです。前編では西成ゴローが生まれていく過程を中心に見せましたが、後半は最初からゴローが物語を駆け抜けていきます。東京ではすでに後編を上映しているのですが、公演後涙を流しているお客様がたくさんいました。感動の涙を流すことのできるアクションエンターテインメントになっていると思っています」

 

「西成ゴローの四億円」応援芸人 もも

キャスト陣によるクロストークの後、「西成ゴローの四億円」応援芸芸人としてお笑い芸人の「もも」が登場しました!

2021年M1グランプリのファイナリストにも選ばれた、今人気急上昇中のもも!

3分ほどのネタを披露してくれ、会場を沸かせました。

 

ガオ~ちゃん:「もものお二人は、映画を観てどうでしたか?」

 

もも:「西成というと怖いイメージがどうしてもあるかと思うんですけど、この映画を観て良いところやなって思ってもらえるんちゃうかと思って。おってほしいですよね。こんなヒーローが西成に」

 

ガオ~ちゃん:「では、出演者の皆さんを●●顔にたとえると、何顔になりますか?」

 

もも:「徳竹さんは、”警察”という言葉単語を聞くとぶち切れ顔”、古川さんは”何かとすぐスタンガン出す顔”(この意味は映画を見てみると分かりますよ!)」

 

もも:「最後に上西監督は、”監督もして主演もして、映画大ヒット間違いない顔!”」

 

最後にお客さんから大きな拍手が上がりました。

映画の大ヒットを私も祈願したいと思います!

 

まとめ

大阪・西成区を舞台に描かれたアクションエンターテインメント映画「西成ゴローの四億円」

ハラハラドキドキ、時に笑えて最後はほろりと泣ける、疾走感あふれる物語になっています。

皆さんもぜひ映画館に足を運んでみてください!

 

映画「西成ゴローの四億円」

製作総指揮:奥山和由
監督・脚本・プロデューサー:上西雄大
企画・製作・制作:10ANTS
配給:吉本興業 チームオクヤマ シネメディア (C)上西雄大
(前篇) G 104分 (後篇) PG-12 124分

本予告映像 YouTube URL:https://youtu.be/fq4GAINJXWY

公式サイト

-“沙樹”のてくてく大阪散歩, アミューズメント

Translate »

Copyright© 大阪ミナミじゃーなる , 2022 All Rights Reserved.