大阪なんば歯科《全国年間15万人以上が来院!》

大阪なんば・プロの歯科医師がクリーニング

お役立ち

大阪YMCA『あべの天王寺・サマーキャンパス 2022』にて水難事故防止のための親子向け「着衣泳体験プログラム」を実施【8/21】

更新日:

大阪YMCA『あべの天王寺・サマーキャンパス 2022』にて水難事故防止のための親子向け「着衣泳体験プログラム」を実施

2022年​8月21日(日)に開催される『あべの天王寺・サマーキャンパス2022』にて、公益社団法人大阪YMCAは、全YMCA参加者に水の安全の啓蒙活動を行うために開始された「全国YMCAウォーターセーフティーキャンペーン ファミリー着衣泳体験会」の一環として、水難事故防止に向けた「着衣泳体験プログラム」を実施します。

当日は、紙芝居やクイズ形式で水難事故に関する基礎知識や、「事故が起きないようにするためには、事故が起きた場合はどうするのか」についての講義を行います。

その後、実際に着衣状態でプールに入り、身動きの取れにくさの体験や、水難事故にあった時の対処法として、ペットボトルを活用したり、ライフジャケットを着用して、浮く感覚の体験を行います。

 

大阪YMCA「着衣泳体験プログラム」詳細ページ:
https://summercampus.osaka.cci.or.jp/~/realprogram/events/%e7%9d%80%e8%a1%a3%e6%b3%b3%e4%bd%93%e9%a8%93/

 

実施背景

今年はコロナが落ち着きはじめ、これからのレジャーシーズンでは川辺や海に出かける家族が増加することが予想されます。

その中で懸念されるのが、児童を中心とした水難事故です。令和3年の夏季(7月~8月)には全国で約560名もの水難者が発表されています。

水の事故は未然に防止することが最も大切とされており、事故の多くは、ちょっとした不注意や水遊びのルールを守らないこと、無謀な行為、知識・技能の不足によって発生しています。

大阪YMCAは、水難事故を一件でも減らすために、6月~8月の期間でウォーターセーフティーキャンペーンを実施しています。

このキャンペーンの一環として、NPO法人AQUAKids safety projectとともに、8月21日(金)に親子向けに着衣泳体験会をあべの天王寺・サマーキャンパス2022にて実施することとなりました。

参考:https://www.npa.go.jp/publications/statistics/safetylife/chiiki/R3_kaki_suinan.pdf

 

プログラム内容、参加申し込み方法について

先月開催された体験会の様子

①水難事故について学べるクイズ・紙芝居

夏の水難事故に関する講義をクイズ形式で行います。

水の事故が起きないようにするには「水難事故の救助方法」「水難事故に関する誤った知識」「遊びに行った際に親が事前に確認すべきこと」などを理解することが重要です。

正しいと思われがちな行動が実は危険であるといったパターンも多く、それを正しく認識しておく必要があります。

クイズ形式で実施することで、児童たちにも水難事故の危険性をお伝えします。

 

 

②事故を想定した体験・事故発生時の対応方法

実際に入水し、水難事故を想定したリアルな体験と事故発生時の対応方法を解説します。

参加者は、洋服を着た状態でプールに入水することで、着衣時と水着時の動きづらさの違いを体感していただきます。

また、事故発生時の対応方法の一つとして、ペットボトルを持って浮く感覚やライフジャケットを着用して浮く感覚をを体験し、実際に水難事故に陥った際の対処法についても学んでいただきます。

【参加申し込み】
体験プログラムの参加をご希望の方は、下記フォームよりお申し込みください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSftm1_ysPKs8lwAdfuoW1IeQ9lqUOUjcj4mK9SbYwjkhuPGPQ/viewform

あべの天王寺・サマーキャンパスについて

「あべの天王寺・サマーキャンパス」は、子ども達に様々な体験や学びの場を提供するとともに、地元店舗等の集客・販売促進を支援し、地域に賑わいを創出することを目的として2014年から開催しています。

阿倍野・天王寺の主要な商業施設や商店街・商店会が一致協力して開催する夏の恒例事業として定着しています。

地元のお店や企業等のスタッフが専門知識を活かして企画した職業体験やワークショップなどのユニークな「体験プログラム」をリアルとオンラインで開催するほか、270を超える対象店舗で飲食や買い物をすると参加できる「お楽しみ抽選会」やエリア内に設置された10カ所のスタンプポイントを巡る「スタンプラリー」を実施します。

開催日:2022年8月20日(土)~8月21日(日)※プレ期間8月13日(土)~8月19日(金)

内容:
1)体験プログラム
①リアル体験プログラム <8月20日(土)~8月21日(日)>
※「YMCA着衣泳体験」はリアルプログラムです

②オンライン体験プログラム<8月13日(土)~8月21日(日)>
2)お楽しみ抽選会 <8月20日(土)~8月21日(日)>
3)スタンプラリー <8月20日(土)~8月21日(日)>
※詳細は下記公式HPをご確認ください。
https://summercampus.osaka.cci.or.jp/~/

 

ウォーターセーフティーについて

YMCAのスイミングクラスは、かけがえのない生命を守り育むことを目的に、毎年6月~9月にかけて、水上安全の啓発活動としてウォーターセーフティーキャンペーンを実施しています。

<キャンペーン内容>
■ウォーターセーフティーキャンペーンポスターの掲示
■ウォーターセーフティーハンドブックの配布
水の事故発生状況等の統計
海やプールでの危険について
水に落ちた時の対応について
一次救急処置の手順、AEDの使用方法について
■6月第3日曜日に親子での着衣泳体験会を実施

YMCA水上安全プログラムについて
YMCAは、アジアにおける水難事故ゼロを目指して水上安全教育の取り組み「水上安全プログラム」を行っています。
上記のウォーターセーフティーもこのプログラムの一環です。

<ウォーターセーフティー以外の活動内容>
■水泳クラス/野外キャンプにおける水上安全教育
■小学校出前授業 水上安全教育プログラム(着衣泳体験等)
■全国YMCAウォーターセーフティーキャンペーン
■アジアの水難事故ゼロを目指して
オーストラリア、ソウル、台北、メトロポリタン、シンガポールとYAPUN水上安全タスクチームをつくり、課題解決に努めています。
■普通救命講習会の実施
https://osakaymca.or.jp/wellness/sports/swimming/watersafety.html

 

AQUAKids safety projectについて

AQUAKids safety projectは、「水辺の安全教育を啓発し、水難事故を予防する」をミッションに2019年よりプロジェクトを開始したNPO法人。

毎年起きている流されたサンダルやおもちゃを追いかけて、溺れてしまう子どもの水難事故を防ぐため、#サンダルバイバイを提唱しています。
https://aquaproject721.wixsite.com/website

 

AQUAKids safety project代表 すがわらえみ

#子どもの傷害予防リーダー
大阪芸術大学卒業後、(株)リクルート入社。
退職後、障がい児水泳指導に携わる。
2019年AQUAkids safety project設立。2021年NPO法人化。
楽しい水辺を実現するために、水辺の安全教育を啓発。子どものいのちを守りたい!という思いから、水辺の安全教室、ライフジャケット体験会、溺れたときの対応を含む小児AED応急手当講座などを開催。

 

大阪YMCA 会社概要

公益社団法人 大阪YMCA

■事業所名:大阪YMCA統括本部
■住所:大阪市西区土佐堀1-5-6
■電話番号:06-6441-0894
■FAX:06-6445-0297
■事業:
ウエルネス・スポーツ/教育/福祉/アウトドア・研修施設/コミュニティセンター/ボランティア/グローバル
https://osakaymca.or.jp/index.html

-お役立ち

Translate »

Copyright© 大阪ミナミじゃーなる , 2022 All Rights Reserved.